ロブショット時のピッチングやサンドウェッジを使ったアプローチ練習法

ゴルフも上手になってくると、うまくクラブも使い分けたいですよね。微妙な距離の調整や高さを出したいときなどは、もちろん技術でもいけますが、クラブを使い分けられるとブレが少なくなります。特にグリーンまわりのアプローチショットは、正確に打てればチップインも狙えてスコアを縮められるチャンスですよね。

 

まずアプローチショットの中でも大事なバンカーショットの練習方法です。コースにでるとほとんどの確立で入ってしまうバンカー。どうしたらうまく出せるのでしょうか。
バンカーショットはサンドウェッジを使います、基本は、フェースを開いて目標に対してかなり左向きに構えましょう。ボールを打つときは、ダフり気味に打ちます。実際のバンカーではボールの数センチ手前をすくうよに打つからですね。練習場ではあまり強くダフらせると、手首を痛めてしまうことがあるので気を付けて練習してくださいね。

 

次に、ロブショットの練習方法です。ロブショットを使うのはグリーンまわりで転がせない時、つまり傾斜がきつかったり、バンカーやクリークがあってそれを越えなければならない時です。

 

ロブショットを打つときのクラブは、ピッチングやサンドウェッジを使います。もともとフェースが開いているクラブですが、それをさらに開きます。ボールが当たった時に上に高く飛ぶような角度をつけるためです。そこからほぼフルスィングすると、きれいなロブショットが打てます。ロブショットはダフり気味ならまだいいのですが、トップすると距離が出すぎてしまうので注意が必要です。ただ練習して自分のものにすれば、スイングの大きさで距離を変えられる為、グリーンピンそばにつけることができます。
私も絶賛練習中です。


このページの先頭へ戻る