ドライバーの打ち方

いまいち掴みきれないのがドライバーの打ち方です。背筋、というか回転軸を垂直にしてヘッドが最下点を越えてからインパクトすべきなのか、回転軸を僅かに右に傾けてこの軸を基準とした場合の最下点でインパクトすべきなのかわからないのです。

 

前者だとフェイスが閉じてからインパクトしてしまって、引っ掛けやチーピンになりやすいです。後者だと右足重心のまま腰が開いてインパクトしてしまってスライスしてしままいます。

 

スライス気味に握って前者のようにすれば良いのかと思って試しても、今度は酷いスライスになるし、、、笑

 

ティーを低めにしてスタンス中央寄りに球を置けば高さが出ないながらもターゲット方向に曲がらず飛ぶんだけど、これじゃ距離が出ないし。

 

あとは、腕とシャフトの角度の関係がなんだか良くわかりません。

 

ここに違和感があるから、ドライバーでは構えた時よりインパクトの時の方がグリップが地面より高い位置に来てしまうのかもしれませんね。

 

うーん、現時点の一番の謎だ! 他の人を見ていると、アイアンでもグリップが左肩とヘッドを結んだ線より右にあるけど、どうしても違和感があるんだよな。

 

長い間極端なフックグリップで左スエーしながら打っていた悪い癖が抜け切っていないような気もします。


このページの先頭へ戻る