レッスンプロについて練習しました

私はゴルフを始めるにあたって、近所のゴルフ練習場のレッスンプロについてもらいました。最初はティーショットから練習しました。ウッドを手にもって、足の開き具合、ヒザの曲げ具合などを細かく教わりました。

 

コツは頭の位置を動かさないようにして、腕を回転させることでした。しかし、最初はなかなかクラブのヘッドがボールに当たらず、空振りばかりしていました。それは打つときに目でボールを見ていないからだと言われました。

 

そして、ボールを打つ瞬間までボールから目を離さず、打った後も頭をしっかりと残しておくことが大切だと教わりました。しばらく練習していると、ボールにあたるようになって、ボールが飛ぶようになりました。その場合も、腕を振り上げて、腰から回転させるようにして、どちらかというと、左腕でクラブを振るような感じでクラブを回転させることが大切でした。

 

ウッドの練習はボールがティーに乗っていたので、割と簡単にボールを打つことが出来るようになりました。しかし、アイアンの練習になると、ボールをティーにおかずに、人工芝の上に直接置いての練習でした。

 

その時も、基本は同じで、頭を動かさないようにして、ボールから目を離さないようにしてボールを打つことがコツでした。


このページの先頭へ戻る