下半身と上半身の動きのタイミングについて

下半身の安定を重視しつつ、他のミスショットの要因を考えながら練習。結局、下半身と上半身のタイミングが合ってリズムが良ければ上手くいくのではという結論に至りました。問題は、この下半身と上半身の動きのタイミングをどうするか。

 

正しいタイミングを言葉で表現するのは難しいが、敢えて書くと、右旋回が最後の余力で惰性でクラブが上がって行ってる時に、その動きに任せる感じで下半身を左に水平移動し、水平移動し切った状態で一瞬だけ止まってから左旋回を開始すると良いようです。

 

そして、この左旋回の開始時にはあくまで右旋回の反動や重力でのクラブの落下を使って始動するようにするべきでしょう。これを、腕力で始動すると左肩が力んで縮こめるような動きになり、同時に右肩が下がって突っ込みやすくなります。結果的にアウトサイドインになったりフェイスが開いたりして引っ掛け、スライス、フック等、色々なミスショットが出る。

 

次に、下半身の重心移動はあくまで水平移動にするべき。どうしても上半身が旋回運動なので下半身も旋回してしまいがちですが、右への重心移動時に下半身が旋回すると次の左への重心移動が正しくできなくなるし、左への重心移動時に旋回するとスイングの向きが変わってしまって打ち出し方向がぶれます。

 

要は、数日前から思っている膝を常に正面に向けるべきってことですね。

 

膝を正面に向けるには、股関節内側にしっかり乗るってのが重要で、これが外側だったり太腿だったりしても壁ができずにミスショットになる。

 

いずれにしても、全身の動きがリズム良くできればこれらは自然と正しい動きになりそうです。


このページの先頭へ戻る